体験レッスンご予約はこちら

今度こそくびれ美人になる!くびれのために行うべきトレーニング紹介

トレーニング

夏はもうすぐ!今度こそくびれを作って綺麗なボディラインで夏を迎えたい。そんな方も多いのではないでしょうか。
今回は、美しいくびれのためにやるべきことをご紹介していきます。

1.くびれはどこを鍛えたら良いの?

くびれを作ると聞くと、真っ先に想像するのが腹筋という方も多いのではないでしょうか。正式にいうと、腹筋だけでは美しいくびれは作れないでしょう。
鍛えるべき場所は、腹筋、背中、お尻 この3つがくびれを作るポイントとなってきます。なぜなら、この3つをしっかり鍛えていくことで、体全体のメリハリを大きく作ることができるので、よりくびれているように見せることができます。

腹筋

特にくびれのためにメインとして鍛えたいのが腹斜筋という筋肉です。腹斜筋は体をひねる動作で使われます。
腹筋を鍛えるトレーニングといえば、クランチと言われるいわば上体起こしの運動になりますが、この動作を行う際に左右に上体をひねることで腹斜筋が使われます。
また、反対に、レッグレイズと言われる足上げ運動の際にも左右に足を上げていくことで腹斜筋が使われるので効果的です。

背筋

くびれのために鍛えたい背中の筋肉としては、広背筋を鍛えることがオススメです。
広背筋は背中の下の方から、脇の下にかけて広がる大きな筋肉です。広背筋をきちんと鍛えることで逆三角形のボディに近づけることができるのでウエストが細く見え、メリハリのある大きなくびれを実現することができます。女性は筋トレで逆三角形になりたいと考える方は少ないと思いますが、女性はホルモンの関係上、引き締まることは可能ですが、筋肉が大きくなることはかなりの時間と労力をかけないと難しいので、怖がらずにしっかりとトレーニングをすることで、美しいくびれに近づくことができます。
広背筋のトレーニングは、懸垂・ラットプルダウン・ベントオーバーロウなど様々なトレーニングで作ることができます。

お尻

お尻を鍛えると、さらにウエストが引き締まって見えます。お尻のトレーニングは美尻にも近づくことができ、くびれを美しく見せることにも有効的なのでぜひ行ってみてください。
くびれのために鍛えるべきお尻の筋肉は、中臀筋・大臀筋がメインとなります。
お尻のトレーニングは、ご自宅てもバリエーション豊かに行うことができますので、ジムに通っていない方でも試すことができます。

オススメバンドトレーニング
理想の美尻はどれ?目標の美尻を見つけて美尻を手に入れよう!〜海外美尻編〜

オススメお尻トレーニング
自宅で簡単にできる!美尻バンドトレーニング

2.普段の姿勢も気を付けること

普段、デスクワークや重い鞄を背負っているうちに背中が丸まったりしていませんか?
背中が丸まった状態で長時間過ごすことは、腹筋・背筋の力が抜けていいる状態で筋肉が使われないため、どんどんくびれからはかけ離れた体型に。
普段の私生活から、背筋を伸ばし適度に胸を張って過ごすことを意識するだけでも変わってきます。また、姿勢の悪い状態のまま過ごすと肩こりや体全体も凝りやすくなります。
日々の小さな努力がくびれ美人になれるかどうかが決まってきます。

3.体脂肪をつけないように、食事に気を付ける

いくら上記の1〜2を気をつけたり意識をしていても、体脂肪がお腹周りにぎっしりついているとくびれは出てきません。
ストレスがたまらない程度に、過度な脂質を控えたり炭水化物が多すぎる食事に気をつけたりすることで、くびれも徐々に姿を表します!
また、体作りに大切なタンパク質もしっかり摂ることで、燃焼体質にも近づくことができますので、ぜひ意識してみてください。

オススメプロテイン一覧
コンビニで買える!オススメのプロテインバー5選

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
くびれのための過ごし方を1日行っても翌日に効果は出ません。
継続的に行うことで、それが自然に習慣化され徐々に美しいくびれが作られます。
日々の小さな意識が、今より先の自分の美しさに繋がってきますので、是非意識していきましょう!

人気記事一覧 MOST POPULAR

記事検索 POST SEARCH

カテゴリ一覧 CATEGORY

タグ一覧 TAGS