体験レッスンご予約はこちら

知らなきゃ損!はちみつの驚くべき美容効果とは?

美容・美ボディ

はちみつは美容に良いとよく耳にしますが、実際に何に良いのかわからないまま摂取している方や、はちみつを普段の食事にすら取り入れてない方も多くいらっしゃると思います。
今回は、そんな素晴らしいはちみつの効能をまとめました。読み終わったらすぐにスーパーへ行きたくなるかも?

1.そもそもはちみつとは?

働き蜂がはちみつを作るのに最初に行うことは、花の蜜をとってくるところから始まります。
働き蜂は花の蜜を体内に蓄え、巣に戻ると吐き出していき、それを溜めていきます。
蜂の酵素と蜂の唾液が混ざりあい、花の蜜の成分を分解してはちみつが作られます。

2. 色んなはちみつがあるけど、どれを選ぶと良いの?

スーパーに行くと、様々な種類のはちみつが陳列されていますね。その中からより良いはちみつを選ぶのは難しいかもしれません。

裏面に「純粋はちみつ」と書かれているものは、天然成分100%のはちみつです。
水分含有量23%以下となっており、果糖・ぶどう糖の含有量が高く、厳しい品質基準を満たしています。
「加糖はちみつ」と書かれた物は、販売コストを抑えるために、様々な糖を足て加工したはちみつです。水で量を増やしているため、純粋はちみつより栄養価が下がります。
はちみつ本来の効能は期待できません。
「精製はちみつ」と書かれたものは、はちみつに含まれる栄養類を除去している為、はちみつ独特の色や香りがありません。精製と聞くと栄養価が高いように思えますが、実際には栄養価は低く、調味料などで使われます。

3. はちみつ美容的効能は?

3.1 カロリーが低い

はちみつのカロリーは砂糖の40%以下でありながら、甘さは強く感じることができるので、ダイエットにも非常に便利な食材です。料理で煮物に砂糖を使用しているなら、はちみつに代用してみたり、朝食のヨーグルトも砂糖で甘味を出しているならはちみつを使ってみてください。しっかりとした甘味を感じながらいつの間にか痩せているかもしれません。

3.2 G I値が低い

G I値とは、血糖値の上昇スピードを表した数字になります。数字が高ければ高いほど上昇スピードが速く、低ければ低いほど上昇スピードは遅くなります。血糖値は上昇のんスピードが速いと、インスリンの大量分泌によって脂肪として蓄えられやすくなります。
はちみつは、砂糖の109に対し28となっており、数字を見るとダイエットに非常に向いている食品となります。

3.3 高い保湿効果

はちみつには高い保湿効果があります。乾燥が気になる方は、お風呂のお湯にはちみつを少し加えたり、洗顔やボディーソープなどに加えることで、お肌がしっとり、もちもちになります。即効性が高いので、すぐに実感できるのも良いですね。

3.4 高い抗酸化作用

人は日々過ごしていく中で、体が参加していきます。(老化)その酸化に戦えるポリフェノールや、ビタミン、ミネラルがはちみつの栄養素の中に含まれています。
はちみつを1日スプーン1杯でも摂取すること、化粧水などに混ぜて外からもはちみつのアプローチをすることで、若さキープのサポートになります。

3.5 肌荒れ防止

はちみつはビタミンが豊富に含まれている為、肌荒れ防止に効果があるとされています。
また殺菌と抗菌作用もあり、豊富なビタミンによって皮脂の過剰分泌も抑える作用がある為、ニキビ予防に効果があると言われています。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
はちみつには様々な効能があり、今日から手放せなくなりますね。
なんでも過剰摂取は良くないですが、程く続けやすい量を継続的に摂取していくことが美しさキープに繋がっていきます。

人気記事一覧 MOST POPULAR

記事検索 POST SEARCH

カテゴリ一覧 CATEGORY

タグ一覧 TAGS