体験レッスンご予約はこちら

プロテインはいつのむべき?プロテインに関する疑問を徹底解説!

食事・ダイエット

ここ数年で、プロテインを飲む人を多く目にするようになってきました。昔はコンビニに並んでいることが珍しかったですが、ここ数年でコンビニに数種類のプロテインが並んでいるのをよく目にします。
プロテインと聞くと、筋肉マッチョが飲むイメージを持ちますが、最近ではオフィスで飲んでいる女性も多くいます。
実際にプロテインを飲むとマッチョになってしまうのでは?と思う女性も多いと思いますが、実は全くそうではないのです。
今回は、プロテインに関する疑惑や疑問を徹底解説していきます!

1.プロテインとは

プロテインとはタンパク質を英語読みしたものです。タンパク質は三大栄養素の中の1つの栄養素となりますが、筋肉はもちろん、肌や髪、爪など体を作るのには欠かせない栄養素です。プロテインには、ホエイ・ソイ・カゼインと大きく分けて3種類あります。
この3種類のプロテインは目的別に摂取するとより効果的です。

1.1ホエイプロテイン

プロテイン1
ホエイプロテインは牛乳を原料にしております。
ホエイプロテインには筋肉を作るためのアミノ酸が多く含まれており、筋トレ後の筋肉が疲労した状態で摂取すると素早く吸収し、筋肉修復効果が期待できます。
吸収速度が速いため、スムーズに胃腸に吸収さます。
ホエイプロテインでもWPHとWPIとWPCで別れます。
WPHは、ホエイプロテインの純度が95%以上のものを指します。値段は高価なものが多いのは、ペプチドアミノ酸という、より吸収が速いものに細かな技術を使って加工しているためです。

WPIは、ホエイプロテインの純度が90%ほどのものを指します。WPCのプロテインや、牛乳でお腹が緩くなる方は、乳糖が少ないWPIのプロテインを飲むことをお勧めします。

WPCは、ホエイプロテインの純度が80%以下のものを指します。WPIに比べてリーズナブルです。リーズナブルだからといって粗悪なわけではなく、最近ではより体に優しく素材にこだわったプロテインも販売されています。(お勧めプロテイン)

★お勧めの摂取タイミング★
トレーニング後・空腹時

1.2ソイプロテイン

プロテイン2
ソイプロテインは大豆を原料としています。ソイプロテインはホエイプロテインに比べて吸収速度が穏やかです。グルタミンやアルギニンのアミノ酸が豊富に含まれており、また脂質の含有率が低くなっています。大豆が原料なので、大豆イソフラボンを摂取できるので女性にも人気があるプロテインです。

★お勧めの摂取タイミング★
寝る前・間食

1.3 カゼインプロテイン

プロテイン3
カゼインプロテインは牛乳から脂肪とホエイを取り除いた残りの凝固したタンパク質から作られています。ヨーグルトやチーズも凝固するこの性質を利用しています。
ホエイプロテインは約2時間という速い吸収速度ですが、カゼインプロテインは約7~8時間かけてゆっくり吸収されていきます。血中アミノ酸が高い状態をキープできるので、大エット中の方にもお勧めのプロテインです。

★お勧めの摂取タイミング★
寝る前・間食

2. プロテインを飲むとマッチョになるって本当?

プロテインはタンパク質になるので、「筋肉増強」というイメージは捨ててください。
あくまでも、筋肉をつけるためのサポート食品なので、これを飲んでマッチョになることはありません。反対に筋肉を付けたいからと言ってプロテインばかり飲んでいても、適切な筋肉トレーニングを行わない限り筋肉はつきません。
あくまでも「タンパク質」なので、栄養をとる意味で摂取することをお勧めします。

3. 1日何杯まで飲んで良いの?

プロテインは手軽にタンパク質として、たくさん飲んでしまう方もいるかもしれません。
お薬ではないので、「1日何杯まで」という規定は特にありませんが、目安は1日のタンパク質摂取量の中で飲むことをお勧めします。
1日のタンパク質目標摂取量が100gの方の例としては、
「サラダチキン2個+プロテイン2杯」で大体100gの摂取が可能です。
サラダチキンを3個食べられたら、プロテインは1杯のめば良いので、その日の食事で不足する分をプロテインで補うと良いでしょう。

4. まとめ

いかがでしたか?コンビニに並ぶプロテインもしっかり裏面を見て何gのタンパク質が配合されていて、どんな種類のプロテインなのかを見てみてください♪
女性はホルモンなどの関係上で、筋肉マッチョになるほどの筋肉はつかないので、ぜひ今日からプロテインを飲んで、筋肉だけではなく美容のための一環として取り入れてみてください♪

人気記事一覧 MOST POPULAR

記事検索 POST SEARCH

カテゴリ一覧 CATEGORY

タグ一覧 TAGS