お尻を鍛えた方が良い理由



お尻は「抗重力筋」の一つ。
抗重力筋とは、立っている時に重力に負けないよう対抗して働く筋肉です。

その抗重力筋が弱ると、姿勢が重力に負けて崩れることになります。
たとえば、猫背で姿勢の悪い人は、頭が前に出てしまうでしょう。
頭が前に出たままだと、体が前に倒れてしまうので、バランスを取るために背中は後ろへ倒れ、腹部とお尻を前に出して前後のバランスを取ろうとします。

そのような姿勢ではお尻の筋肉が垂れてしまい、脚が短く見えてしまうのです。

脚の長い人は姿勢がいい理由はここにあります。

お尻を鍛えることはメリットだらけです。